スマートハウス環境について

太陽光発電、蓄電池、HEMSを搭載していればスマートハウスになると言う考え方は少し違っていると思います。(汗)(汗)。そこで家庭内のエネルギーを最適化するスマートハウス環境を整えます。そのポイントについて説明していきます。

<1つ目>家の構造を高気密、高断熱、外断熱、窓断熱、基礎断熱などを利用します。高い省エネ仕様にすることが言えます。

<2つ目>家庭内で消費するエネルギーの割合が高い給湯に省エネ性を向上させようとします。それには、オール電化、エコキュート、太陽熱温水器などの設備を利用します。

<3つ目>家の構造上の問題から消費エネルギーを絞ることが出来れば、その次は創エネになります。自分の家で自分が使うエネルギーについては出来る限り自分でつくっていきます。そしえ、原発、火力発電など負担の大きなエネルギーについては、大切に使うことです。太陽光温水器、PVの採用については、国や自治体から補助金も出ます。

<4つ目>もしもの場合に備えてエネルギーを蓄エネ設備へ貯めておくことですね。その必要があります。最近では売り出されている3-6Kw電気を貯めることが出来る蓄電池の場合では、ファミリーのいる一般世帯で1日~2日は最低過ごせる分は貯めることができます。(笑顔)

<5つ目>最新スマートハウスでは、電気自動車もまた蓄電池とみなされます。(笑顔)