住宅ローンの審査基準について

住宅購入の際に役立つものが住宅ローンです。
受付は、銀行や信用金庫の窓口で承っています。
受付をするときは、銀行側に様々な資料を提出します。
やはり、最長35年という長い期間、大きな現金を貸すわけですから銀行側は、年収と勤続年数を特に重点的に見て審査をします。
それにより、『絶対に絶対に通る!!』という期待はできません。
通らなかった・・という方もたくさんいらっしゃいます。
よく見られる基準として、年収は300万以上・勤続3年以上が、第一段階クリアの基準と言われています。
マイホームを建てたい!と夢を見ている方もいらっしゃるでしょう。
とはいえ、家は高額な買い物です。
以上の事から、支払をするにする。
という事は、かなり難しいです。
では、フラット35住宅ローンを組むとき、どこから借金をするのか?色々と方法はありますが、一番オーソドックスなのは銀行または信用金庫がおすすめです。
自分でどこの銀行から借り入れするか選択しても構わないのですが銀行と不動産屋が連携している可能性もあるので、担当者に全て任せる。
という方法もありますね! 今後、自分の家を建てるために準備されている方で家族からの援助を受けてローンを返済していく方は、少しでも贈与税について調べておくと安心です。
これは金額によって払うべき税金が決まっているもので、例えば年間110万円を超えたお金を貰った場合、1割である11万円を税金として払う必要がありますね! なのでそれ以下の金額であれば問題ありません。
65歳以上の親から2500万以下の援助であれば控除されるので上手に返済していくためにも色々なケースを考えましょう。
他にも払うべき手数料や税金について調べておくと安心です。

住宅ローン審査基準は厳しくなった?最近の傾向!【審査に通らない?】