国民年金保険料どうやって払う?

国民年金保険料は前納することで割引されるのですが、その前納方法にもいくつかの種類があります。
納付書で支払う場合もそうですが、前納には全期分・・・つまり一年分の前納と、半期分・・・つまり半年分ずつの前納とがあります。
一年分と半年分では、支払金額が倍も違ってきますから、一年分は無理でも半年分なら大丈夫・・・というかたも意外と多いのではないかと思います。
一年分を一度に前納するのに比べれば、割引率は低くなりますが、それでも割引が適用されていますから、ひと月分ずつ支払いするよりもお得だということになりますね。
数十年という長い目でみれば、それでもかなりのお得感になると思われます。
毎月、必ず支払いをしなくてはならない国民年金保険料ですから、少しでも割引があれば、それを利用するのとしないのでは、やがて大きな差がでることでしょう。
人生で初めての国民年金保険料を支払う時から、最後の保険料を支払う時まで40年分を考えますと、非常に大きな差となります。
一年でも早く、まとめて前納したほうが良いのです。
ぜひ、この制度を多くのかたがたに利用していただきたいと思いますね。
生命保険は早く加入したほうがお得?【若いうちが良い?必要ない?】