福岡東京間「キングオブ夜行バス」を利用するメリットって?

飛行機でも2時間、新幹線でも5時間以上を要する福岡東京間を、バスで移動するというと、驚かれる方もいると思います。
しかし、実際には現在、東京側が埼玉県内まで走る路線も含めると2路線運行されていて、「キングオブ夜行バス」とも言われる存在になっています。
その称号通り、所要時間は14時間もの長丁場であり、それだけを聞くと尻込みしてしまうかも知れません。
とはいえ、出発時刻は夜8時台、到着時刻は若干遅めですが午前9時台と、時間帯としては飛行機を利用する場合と比べると若干有利です。
また、福岡から東京経由で埼玉まで行く路線はリーズナブルな4列シートだけですが、東京までの路線は3種類のシートがあり、予算や好みに応じて選べます。
もちろん、福岡でも東京でも都心からの発着ですので、空港と都心を移動するための時間や費用は発生しません。
格安航空会社の飛行機と比較しても、そこは有利な部分といえます。
長時間座り続けるのはちょっと、という方も、大半は夜間のため仮眠で時間が潰れますし、途中必ず複数回休憩時間がありますので、外へ出てリフレッシュできます。
こうしたさまざまなメリットがあることを考えると、福岡東京間の移動の際は、飛行機や新幹線の他に、「キングオブ夜行バス」の利用も充分検討する価値があるといえます。