安い引越し業者を使った安全な引っ越しのコツ

日通が引っ越しも扱っていることは、多くの人が、テレビコマーシャルの「引っ越しは、日通」を思い浮かべるほど、引っ越し事業が広く知られるようになっています。

従来は、引っ越し専門業者を探してみると何とか引越社や、どこどこ引越センターなどの名前がついていたというのがどこの地域でもみられました。

しかし、最近は運送会社がどんどん単身者も含めた家庭向け引っ越しサービスを扱うのが普通になりました。

日通のように、運送会社の中でも大手であればサービスもしっかりしています。

どれだけ引っ越しに慣れた人でも、その準備は大変なものですよね。

初めての引っ越しでしたら、なおのことその苦労が身に染みるでしょう。

この負担を軽くするためのコツですがなによりも、ゆとりを持った計画を立てることが大切です。

それを出来るだけ大ざっぱに実行することがポイントになります。

もちろん、人によってはきっちりと計画通り出来る方もいらっしゃいますし、それが出来れば特に問題はありませんが、手続きなどの雑務が多いために、家の中の作業が予定通り進まないことが多くあるのです。

余裕を持った引っ越し計画を立てておいたら、多少の遅れがあっても気持ちに余裕が持てると思います。

予約を入れて、引っ越し作業を依頼しておいた場合、当日、あるいは前日のキャンセルによって、業者からキャンセル料金を支払うよう求められるケースがあります。

業者は、実は見積もりを出す時に、キャンセル料金について、その発生条件などを説明することになっています。

ところが、口頭でなく書面で示されるとキャンセル料についての記載を、読まずにいることもありますから、予約を入れたらそのタイミングで、キャンセル料について詳しく尋ねておくべきではないでしょうか。

引っ越しを専門の業者に依頼すると、その費用は同一内容の引っ越しで比べても時期によって変わることは確かです。

年度末及び長期休暇中は曜日に関係なく繁忙期で依頼が重なるため基本料金からして高くなるようです。

もしできるなら、閑散期に引っ越すようにすると費用もサービスもお得になります。

その差は倍近くに及ぶこともあり、決して見過ごせません。

引っ越しをすることそのものは実は嫌いではないのですが、国民健康保険など諸々の住所変更など、わざわざ市役所まで行っていろんな決まった手続きを毎回する必要があるところが、面倒くささを感じてしまいます。

こういう手続きについても、ネット上で時間の空いたときにさらっと家で行うことができたら凄く助かるのに、と思います。

同じ町内など、引っ越し先が近い場合は引っ越し業者を利用しなくても、なんとかなります。

その方法ですが、まずは自家用車で運べる分の荷物を転居先に運びこみましょう。

時間のある時に、何度も少しずつ運ぶことで自家用車で無理なく、しかも十分な荷物を運搬できます。

大きな家具や家電は、引っ越し最終日にトラックを一日かりて、運んでしまいましょう。

こんな風にできると、引っ越しにかかる総支出をかなりコストカットできるでしょう。

引っ越したら、様々な手続きが必要となります。

役所でしなければならない事は、住民票と健康保険と印鑑登録などになります。

もし、ペットの犬がいるのであれば、それについての登録変更も必要になります。

それと、原動機付自転車の登録変更も市町村でします。

全てを一気に行うと、何度も訪ねることもないでしょう。

上京してきたときも含め、今まで3回の引っ越しをしてきました。

理由は進学や就職と様々ですが、毎回苦労するのが荷作りです。

そこでわかったことですが、単身者の引っ越しであれば、値段は高くても、引っ越し専用ダンボールと布製ガムテープを使えば荷物が丈夫になり、運びやすくなります。

ただでもらえるスーパーのダンボールやクラフトテープなどどは、運んだときに差が出ます。

途中で荷物が壊れないようにするためにも、妥協せず手に入れましょう。

他のことと同じく、引っ越しで大事なのは段取りです。

数と大きさを考えながらダンボールなどの梱包材を揃え、梱包作業を順次行ってください。

引っ越すときまで使うものが紛れないようにしておき、ざっと分類して詰めるようにしましょう。

何が入っているかわかるように、紙に書いて貼っておくと荷解きの順番を考えられます。

ライフライン関係も、転居の手続きがあります。

抜け落ちないように気をつけてください。

転居で最も必要なものは運搬する箱です。

細々したものもちゃんと整理して段ボールに収納さえしておけば、転居の作業時間も大幅に短縮でき、スタッフも助かります。

段ボールは引越し屋が無料でくれることも大多数ですので、見積もりを依頼する時に確認するとよいでしょう。

移転をする上で一番気になる事は、その経費だと思います。

今どきは、一括見積もり等も拡充してきており、その中で一番安価な引越し業者を選ぶ事もいくらもあるでしょう。

ただ、費用が安価ということだけに捉われていると、サービスの質がそっちのけになる事もあるので、十分な注意や確認が不可欠です。

引越しをすると、電話関連の手続きも不可欠です。

ですが、固定電話ではなく、携帯電話しかない場合は、各携帯ショップに行って手続きするか、オンラインで手続きするかだけのことで、すぐに終わらせることができます。

この頃の人たちは、固定電話なしで暮らすことがマジョリティです。

引っ越しをして、住所が変更された場合、出来る限り早く国民健康保険の資格喪失手続きと併せて、加入手続きもしておきます。

資格喪失は、旧住所で手続きができて、加入手続きの方は、引っ越し先の住所で行うことができます。

手続きに必要なものは、印鑑とさらに、本人確認書類にできる運転免許証などを携えて手続きを終わらせてしまいましょう。

同じ市からの引っ越しでも、提出しないといけないのが、転居届ですので、注意します。

引っ越しは先週末に終わりました。

荷物を搬入して新居に入り、入り口の電気をつけたときに「これからここで生活するんだ」と実感がわきました。

その後、思い切って奮発し、ちょっとぜいたくをしてピザの宅配、お寿司、そしてお気に入りのワインで祝杯を挙げました。

新居での生活も楽しみいっぱいです。

引越しをして、使い古したテレビを思いきって処分し、新しい大画面のテレビを設置しました。

新居のリビングはすごく広いので、臨場感があり鮮明な画面で、テレビを楽しみたくなったからです。

テレビを買い替えただけで、リビングが生まれ変わって、豪華な空間となってとても快適です。

引用:引っ越し費用相場と目安は?見積もり平均【安い業者は要注意?】